通信制高校に行く理由は人によって様々です

最高の学習環境

通信制高校はなぜ選ばれるのか? / 最高の学習環境 / 通信高校で学ぶメリット

最も勉強をするのに適した環境を手に入れることが出来るのが通信制という事になるのかもしれません。
通学でもマンツーマン指導のようなところであれば、個別に最適な学習システムを提供することは出来ない事はありませんが、これはコストパフォーマンスがあまりにも悪いので、まず出来る事では無いでしょう。
とんでもない富裕層が子供に家庭教師を付けるという事とほぼ同じような事になりますから、これを通学のところで出来る事はまず考えられません。
ですが、通信制ということになれば、これは全く問題にもならないでしょう。
完璧な個別対応という事は難しいかもしれませんが、ある程度のランク別に教材を用意しておいて、個別にその人に合ったランクのものを送信すれば良いだけという事になります。
つまり、出来のいい人も良くない人も一緒に講義を受けるという事にはなりませんから、その人に最適な情報を送れば良いという事になるわけです。
データの送信スピードに個々のレベルは関係ありません。
ですから、通信という方法は極めて優れた学習方法という事になるわけです。
これからの時代では、本当に自分の目的を効率よく達成したいという事を考えるのであれば、通学ではなく通信を選ぶという人の方が増えていくという事も考えられます。
その理由は上記の様にあまりにも通学というスタイルでは時間の無駄が多いという事になるからですが、そうしないと競争に勝てない時代も到来するという事も考えられます。
今でこそ、通学して学習をしている人の方が成績は良いというのが一般的ですが、これは単にそういう習慣になっているからというだけの事で、これから通信制高校の方が成績を残していくということになれば、当然将来の事を考えて通信制高校を選択するという人の方が多くなるという事も考えられるわけです。
受験という極めて厳しい成果主義の競争があるわけですから、これを考えないわけにはいきません。
すると、当然効率の良い勉強方法をしている方がより成果を出していく事になります。
とすれば、通信制の方が圧倒的に成果を出していく事になり、それを横目で見ていた人達はなだれをうって通信制を選択するという事も考えられます。